• ホーム
  • 原因からみる勃起障害の改善法

原因からみる勃起障害の改善法

OKサインを出す男性

勃起障害の原因として多いのは、日常で蓄積した疲労やストレス、生活習慣病全般、早漏や包茎などのペニスに対する悩みです。
疲労やストレスにより勃起障害を引き起こす場合は、とにかくたっぷりの睡眠を取るように心がけましょう。
質のよい睡眠を取ることで脳がリセットされ、疲労やストレスが解消します。
アロマテラピーやサプリメントなどもストレス解消によい習慣として知られますが、睡眠のメリットにはかないません。
睡眠不足が続くとペニスの元気がなくなるため、まずは睡眠時刻から調整していく必要があります。
就寝時刻は22時前に設定すれば、必然的に睡眠の質は高まるはずです。
翌日になってから眠る習慣のある方は、焦りにより睡眠を浅くしてしまう可能性があります。
3~4時間しか眠られない状態では、眠ってもすぐに起きなければいけない心理が働いて熟睡しにくくなります。

生活習慣の乱れも勃起障害を引き起こします。
肥満は体型を見れば自覚できますが、高血圧、動脈硬化、脂質異常症など自覚できません。
血管内部を目視で見ることはできないので、これらの生活習慣病を発見するには定期的に健康診断や人間ドックを受けるしかないのです。
勃起障害の多くは生活習慣の乱れにより生じています。

早漏や包茎などの悩みにより勃起障害が生じる場合は、悩みの原因を解消するしかありません。
ペニスの悩み全般は、男性が気にしすぎていることが少なくありません。
短小や包茎などは、男性が思っているほど女性は気にしていません。
ただし、自分で包皮をむけない状態なら、医療機関で治療をするべきでしょう。
日本人の半数以上に見られる仮性包茎は、特に治療をする必要はありません。
早漏に悩んでいる方は、SEXの数時間前に自慰をするなどして、ペニスの感度を低くしておくといいです。